Loading

京都のかあさん独り言

となりのナスカ

南米、行ってみたいんですよねー。
この前、チリの天文台の話をしたと思うんですが、今度はナスカの地上絵です。
ついついそういうニュースに目が行ってしまう私。

《西暦200年から700年頃、まだまだ飛行機のなかった時代。南米ペルーに、数百メートルにわたる地上絵が描かれました。その目的は雨乞いの儀式とも宇宙人へのメッセージともいわれていますが、未だ判然としません。そんなナスカの地上絵に、今月5日頃ナスカのすぐ隣パルパで新しく50種以上の絵が見つかったと「National Geographic」が報じました。》という記事。
しかも、ナスカよりも1000年も前からあったようで、ますます研究の謎が深まったり解明に近づいたり、この業界ではなかなかの大騒動である様子・・・

「新しく50以上の絵」って。この現代に、そんな大きな遺跡が発見されていなかったって、どうゆう事~?地球にはまだそんなに未開な地があるのか・・・と、私も興味深く思ったわけで。

実は、今年1月に起きたナスカの地上絵の損失事件をきっかけに、地上絵の再調査が行われ、その時、現代文明が生んだ(表現が古典的ですが)「ドローンを使用した3Dスキャン」によって、発見!
長い年月の間にくぼみが浅くなっていて、普通では見えなかったんですって。っわ~お あぶり出し??

この絵、発見された地上絵のひとつです。かわいいイラストですよねー。
説明には「アニメ・ジブリの絵的な」と表現してあった。ポイントが分からんけどそんな感じもする・・・もののけ姫の『こだま』とか、似てる。ジブリはやっりすごい。
ドローンによって次々と見つかる地上絵。たくさんの絵が物語になってたりしないかなぁ。地球に書かれたでっかい絵本。「となりのナスカ」とか。
調査結果が楽しみ~なのです。

 

こんな所にも

とうとう最終回を迎え・・・

関連記事

  1. これが御朱印!?

    2019.09.29
  2. ポップコーンも飛び散りそう

    2019.10.23
  3. ののさん

    2019.11.15
  4. 話を聞くということ

    2018.01.19
  5. もうヒトハナ咲かせて。

    2017.09.20
  6. 15歳から66歳まで その➁

    2019.05.08

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    PAGE TOP