Loading

京都のかあさん独り言

この確率は・・・

すぐお隣の京都医療センターで放射線技師さんの研修があったようで。
「研修を受けてきました」といういゲストが入られた後、「近くで研修があって」と、もう一人ゲストが。ハハ~ン。同じ放射線技師の研修だなと聞いてみると、その様で。「さっき入られた方もそんなことを言っておられたので」と返すと、60人ぐらいの研修だったからわかるかなぁという感じだったんです。

で、放射線技師×放射線技師、御対面~。
お二人とも一瞬、固まった!
ナント、たまたまお隣の席で一日中講義を受けられていたお二人だったとか。
すごくないですか?この確率。数学のお強い方、この確立を教えて欲しいものです・・・

お二人とも、翌日の研修に使う鉛筆を忘れてきたとかで、ゲストハウスにあったものをお貸ししました。
お二人共に忘れると言う、この確率は・・・たいしたことはないですね。笑
研修終了後、律義に鉛筆を返却に。そして、お礼にと、お菓子を持って来て下さいました。
鉛筆を貸しただけなのに、得してしまった~!!
ゲストハウスのゲストがやさしい確率は《大》なのです。

 

 

北海道からパイを。

島旅

関連記事

  1. 初代キャンペーンガール決定?

    2018.11.24
  2. 旬です

    2019.06.08
  3. 別に銅像マニアではないのです。

    2018.01.06
  4. 「野球しような」おじさん達

    2020.01.25
  5. 京都市バス冬の陣

    2018.01.25
  6. 最高のご馳走です、かも。

    2018.07.09

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    PAGE TOP