Loading

京都のかあさん独り言

軽やかに登場して

ゲストハウスは若い方の利用が多いですが、嬉しいことにちょくちょく私と同年代の方のご利用もあります。
だいたいは「仕事で」「研修で」「資格試験を受けに」「昔の友人に会うために」「看病や介護に」と言った感じの、観光とはちょっと違う目的の方が多い様な気がします。

お茶を手に、ちょっと立ち話をするところから始まり、だんだん座ってお菓子にも手が伸び、更けて来ると缶ビールを開け・・・人生話も更けてゆくのです。
仕事の話、子どもの話、旦那の褒め合い?(悪口?~笑)、旅の話や趣味の話。楽しいです。
若い方と話すのも刺激的ですが、同年代や私より先輩の方となると、ここまでホントにいろんな経験をされている。人生の節目に、なぜにその選択をしたか・・・などなど、深い。
そして、改めて自分をちょっと振り返ってみたりするのです。(・・・秋っぽいですねぇ・・・?)

今週はお仕事がらみで利用される方が続きました。
身に着けた技術や知識をもとに、仕事を依頼されて京都へ。ゲストハウスに泊まって、昼は仕事をして夜は映画のレイトショーに出かける50代。
定年も過ぎ、家でゆっくりしているけれど、時々仕事を頼まれて全国各地へ出張。今回は大阪での仕事帰りに京都のゲストハウスに。夜は銭湯を楽しみ、翌日は行ってみたかった宇治へ・・・という60代。
彼女らは「今が一番楽しい。やっと、よ!」と。何とも軽やかな生き方を見ていると、自分もそんな風になりたい~!と思うのです。

たくさんの人生の先輩方。軽やかに登場してください~。

 

透明なゆりかご

初代キャンペーンガール決定?

関連記事

  1. 別に銅像マニアではないのです。

    2018.01.06
  2. 長崎事情

    2018.09.19
  3. 刀剣女子が止まらない

    2018.10.29
  4. 紅葉だより

    2017.11.20
  5. ふるさと銀河鉄道に乗って、昔々・・・

    2018.01.26
  6. お約束の?真っ赤なリンゴ酒

    2018.12.15

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    PAGE TOP