Loading

京都のかあさん独り言

「お詫びのランチ」は逃したけれど②

昨日の続きです!
と、元気よく始めようと思ったのですが・・・

昨夜、このブログ(フェイスブックも)を呼んでいただいた複数の方から、「危ないかもしれないから気を付けて!!」と、連絡頂きました。
ご心配、ご忠告いただき、ありがとうございました。

・・・ワーオ!そうか~と、思いました。
これが悪意の危ないメールであるのならば、かなり手の込んだ目的がわからないやり方だな・・・とは思いますが、気を付けますね。
私のことについてはまだ具体的な事は明かしておりません。《ミステリアスな女》の設定を目指そうかと思っていたので(笑)。

こういう関係って無責任かもしれないけれど、気楽に話ができますよね。そんな相手がいるっていうことが、ちょっと気持ちの逃げどころになるというか。
でも、もし、悪意の危険メールなら、その気持ちの逃げどころこそが狙い目なんでしょうね。昔々の《文通》のノリでは現代社会は危険になっているってことでしょう?何か悲しいですね。

悪意があったとしても相手は人間。
悲しい結末にならないように、しっかり対応(スルーも含めて)できる人を目指しますね。
ランチを逃がしたけれど、いい関係を得ることができるか、それとも、危険に対する教訓を得るか、さて・・・です。悪意なら悔しいな~

京都、雷がなり始めました。久しぶりだけど不吉かも・・・

 

「お詫びのランチ」は逃したけれど①

月刊 京都

関連記事

  1. おしゃれな枚方

    2017.11.13
  2. 秋の夜長。贅沢な時間を是非。

    2018.11.02
  3. お約束の?真っ赤なリンゴ酒

    2018.12.15
  4. ゲストハウスから結婚式という方法

    2017.08.20
  5. 高1の春休み

    2019.03.19
  6. 世界遺産とパン?

    2017.10.16

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    PAGE TOP