Loading

京都のかあさん独り言

数え年十三歳の渡月橋

昨日まで3日間続いた京都の夏日。異常に暑くておかしいです・・・でも、今日はいい感じの春の日でした。
桜も後半。ゲストの皆さんも鞍馬貴船や嵐山、東山清水方面などなど京都観光には外せない場所へ、あちこちへ。帰って来た皆さんに様子を聞いて楽しんでいます。

嵐山・渡月橋で思い出した「十三参り」。そろそろじゃないかと・・・
十三参りってご存知でしょうか。京都では数え年13歳の4月に(4月13日が本日らしいですが)、嵐山の法輪寺さんに知恵を授かりにお参りするという行事です。女の子は着物なんかを着せてもらって、本人はちょっと大人気分で挑むわけですが、小6年齢ですから七五三の延長みたいな感じ(13歳の方、失礼しました。)です。
そのお参りの帰りに、「渡月橋を渡り終えるまで後ろを振り返ってはいけない」のです。何でも、参って授かった知恵を失うとの言い伝えがあるようで。そういわれると振り返りたくなるもので、その気持ちと格闘?しながら渡り切ることで、「少し大人になった自分」を感じる訳です。
時々、へそ曲がりの13歳が「後ろ向きに歩けば、振り返ったことにならない」などと言って、後ろ向きに歩いて橋を渡るなんてこともあるとかないとか。え?私はそんなことはイタシマセン・・・確か。

4月の嵐山には、まっすぐ前を見て渡月橋を渡る13歳がたくさんいるはずです。注意して見てみてくださいね。

ベテラン女子の2乗

母と娘の二人旅

関連記事

  1. 行政書士さんと 現地視察編

    2016.11.09
  2. 桜も・・・

    2018.09.09
  3. 土鍋で新米をいただく

    2017.09.02
  4. のりとカレーについて

    2018.09.23
  5. サクラが咲いてしまいました・・・

    2017.04.13
  6. 芸術の秋が始まりますぞ。

    2018.09.07

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    PAGE TOP