Loading

京都のかあさん独り言

パサンだったんだー

今日の夕刊を読んで学びました。
京都の伝統菓子のひとつ、「パサン」だったんだー!

先日、近くの伊藤軒さんに寄ったんです。
たまたま「久助の日」と言って、工場で割れたりした商品にならないお菓子を安く売っている日で、コーヒーに合いそうなクッキー?のようなものを買って来たんです。だっていっぱい入って216円。お得!
パサパサな、それほど甘くないクッキーというか、蕎麦ぼうろ(このお菓子も京都仕様ですか?)みたいな。
今日の夕刊に載っていて、これが「パサン」というお菓子だと知りました!

新聞によると、大正10年ごろに売り出されたお菓子で、なぜ京都で広まったのかは不明。戦後の全盛期には京都に10件以上の製造店があったらしいのですが、全て廃業してしまい、2年ほど前からスーパーにも置けないようになってしまったとの事。それを伊藤軒さんがレシピを引き継いで製造している。すべて手作りのためコストがかかるうえ、割れやすいので流通にも向かず、儲かるお菓子ではない・・・(だって、216円だったもの。割れてるけど。)

京都にもそんなお菓子があったのか~
伊藤軒さん、いっつもかわいくてお手頃でおいしいお菓子をありがとう~
と、思ったのでした。

 

 

商店街をぶらり

ふたばとふたば

関連記事

  1. こんな所にも

    2018.06.07
  2. ライバル登場!?

    2018.07.23
  3. 半年間の罪穢れ?

    2018.07.03
  4. とうとう最終回を迎え・・・

    2018.06.09
  5. 早くも稲刈り!

    2016.08.26
  6. 集合!

    2017.10.09

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    PAGE TOP