Loading

京都のかあさん独り言

熊野と紀伊の常識?

実は、我慢できず(我慢してないけど・・・)貝殻を拾いに和歌山は串本までやって来ました。ひとり車でえっちらと。
ゲストハウスにお世話になっています。コロナの影響で、うちと同じ。ゲストは私のみ。ここのゲストハウスのことや貝殻の戦利品のことは、また明日以降に・・・
とにかく。今日のびっくりを聞いて下さい! 私だけでしょうか?
串本市内の飲食店でのこと。時間は令和2年3月12日(木)午後7時。いいですか、ここがポイントです・・・

「さて~、新聞でも見せてもらおうか」と、新聞・雑誌コーナーを何気に見たんです。たくさんあったので、「今日の新聞は・・・」と。するとですね。3月13日(金)が新しい。「よし、これだ」と、思ったんだけど・・・
《??? 今日は12日(木)じゃなかったっけ?》
スマホを取り出し、確認。確認。確認。三回ぐらい確認。スマホも12日(木)になってる。
《???去年の3月13日の新聞?》
でも。新聞には令和2年と書いてある・・・しかも、熊野新聞も紀伊民報も。2紙とも。令和2年3月13日。

パニックですよ。
異次元?夢?目の錯覚?イタズラドッキリ?

お店のお姉さんに聞きました。「あの、今日は3月12日ですよね?」
お姉さん、あまりの質問にびっくりしてたと思う・・・
「これ、3月13日の新聞ですよね?なぜ13日の新聞があるんですか?」と、コソッと更に聞いてみた・・・ら。
「夕刊ですから」との返事。「当然」という顔で。「何を言ってるの、お客さん」って感じの顔で。
???

どうも、このあたりの地方紙は、こういう風習?みたい?なんですか? 夕刊は翌日の日付で発行するお約束?
まだちょっと信じられないんですけど。
自分の常識が世の常識ではない事を、改めて感じるのです・・・

本屋さんにいっぱい

満開の桜

関連記事

  1. 下鴨神社・古本まつり

    2018.08.15
  2. 乾杯!!

    2017.11.19
  3. えっと・・・寒天の里?

    2020.02.15
  4. 2年間の荷物を背負って

    2018.04.09
  5. 予措

    2018.09.17
  6. 意欲満々

    2020.03.08

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    PAGE TOP