Loading

京都のかあさん独り言

「赤点をとった私のおかげ」

ゲストが来られて住所を記入してもらう時に、その住所から話が広がることがあります。
北海道なら「今朝、寒かった?暖房、入れてるよねぇ」とか、岡山なら「浸水の被害は受けなかったん?」とか。
先日の彼女の住所は岩手県の三陸。「・・・震災の時にもこちらに?」「高校生でした」と。

彼女、高校生の時に登校拒否でこもっていたらしく、試験も当然「赤点」。震災のあの日、学年末という事もあり学校から呼び出しがあって、本当にたまたまその時間に高校にいたそうです。いつもなら家に居たのに。
「学校にいたから助かりました。いなかったら・・・」
当時住んでいた場所周辺は今でも何にもない更地だそうです。

「大変だったけど・・・呼び出してくれた高校に感謝やね。」と、私が言うと、「いえ、赤点をとった私のおかげです!」と笑って・・・
強い。

京都から東北は遠く、なかなか直接こんな話を聞く機会がなかったけれど、想像もつかない事がたくさんあったのだろうなと、今更ながら思うのです。

到着して受付でいきなりこんな話になって、ごめんね。です。

来年まで待ちきれなーい。

スペシャルゲストの夜

関連記事

  1. 昼ごはんに手打ちそば

    2017.08.15
  2. 花見船

    2020.02.14
  3. 京都れぽーと

    2020.08.20
  4. 事業者の端くれとして

    2020.07.16
  5. にんじゃえもん坊や

    2017.12.23
  6. まずは手の届く範囲から

    2019.05.26

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    PAGE TOP