Loading

京都のかあさん独り言

UMAJO完璧ルート

ゲストが「明日は早朝に出ます」と言うので、「何かイベントでも?」「天皇賞です。朝から場所を取りに・・・」オオ~、競馬だ。 淀の京都競馬場までは京阪で20分程なのですが、6時には出発されました。
昨秋にもエリザベス杯とかとかで、お泊り頂いたゲストが有。 オオ~、結構多いぞUMAJO(馬女)。
昨日の彼女は23歳という若さで、一人で競馬場へ乗り込むカッコ良さ。馬のかわいさももちろんですが、騎手にゴヒイキがいるとか。なるほど。長年大人をやっていながら競馬とは全く縁のなかった私、いろいろと質問攻めにして教えてもらいました。

で、「せっかく天皇杯なんだし。京阪乗ったらすぐだし。」と、私も初体験、京都競馬場。
もう、未知なる世界が広がっており、なかなか楽しかったです!
まず、入場料金がいるんです。知ってました?大人200円。15歳以下無料。特別席はもっと高いですが。広いです! 野球場どころじゃないと思います。 建物がごつい! 人も何万人? 馬がいっぱい! 馬券売りの機械も! 当たり前のことがいちいち新鮮~!

「ビギナーズセミナー」のところで馬券の買い方等、仕組みを教えてもらいました。けっこう複雑ですねー。100円から買えるらしいのでやってみようかと思いましたが、キョロキョロしているうちにそれどころでなくなり・・・また、ちょっと研究してから行かねば。 知ってます? 騎手がかぶっているヘルメット、あの色にも意味があるということを。パドックのお馬さんもツヤツヤで、筋肉ビシッ!で、美しい!!
やっぱりおっちゃんが多いですが、家族連れや女性グループも多くて。女性専用「UMAJOルーム」もありました。 レースごとに「ウォ~~」っと歓声が波のように起こり、とにかくすごいです。

200円で一日遊べるちょっとしたテーマパークでした。秋には菊花賞とかまた大きなのがあるようなので、UMAJOの皆さんも社会見学気分の方も是非ともここから行って下さい。
高速京都深草バス停を降りて、たいに泊まって翌朝京阪で淀へ。できれば「競馬の神様・藤森神社」(たいから歩いて15分)で参拝を済ませてからお出かけください。きっと勝利が。 これ、完璧ルートですよ!

舞妓さん気分で

知らない世界「ゲストの御朱印集め編」

関連記事

  1. 藤森・聖地化?

    2018.11.19
  2. これからも応援させてください。

    2018.07.17
  3. もはや暗黙の了解?

    2020.03.20
  4. 解体完了!

    2017.01.22
  5. マダム気分で・・・

    2019.01.31
  6. 工場?直送に違いない。

    2019.02.13

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    PAGE TOP