Loading

京都のかあさん独り言

《八十八》

水田のようす

5月に植えたイネが順調に育っています。
異常気象の近年。この後、台風、大雨、日照りなどに悩まされることなく育ってくれますように・・・

ふと思ったのですが。
《米》という漢字は《八十八》と書くと聞きました。何でも収穫までに八十八回、手を加えてやらねばならないとかで。
その、《八十八》なんですが、何で八十八なんでしょう?七十七とか九十五とかでもいいだろうに、八十八。
《お茶》も、《八十八夜》に摘むといいって言いますよね。立春から八十八日目。
《四国八十八か所めぐり》も八十八。《米寿》は八十八歳。わざわざ中途半端な八十八歳を祝うんですよね・・・

《八》は縁起のいい数字らしいので、きっとそのあたりから来ている解釈だと思うんですが。
太陽の光が地球に届くまでの時間が8分らしいです。 これか?? たまたまか?
私のこじつけ解釈その①です。

 

 

とうとう最終回を迎え・・・

電車で飲み歩き

関連記事

  1. 事業者の端くれとして

    2020.07.16
  2. 香川の香り

    2017.07.31
  3. やってみたい~

    2018.02.21
  4. やさしい気持ち

    2019.04.13
  5. 夜のお散歩

    2017.12.17
  6. まだ10月なのに。

    2017.10.30

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    PAGE TOP